農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

プロバイオティクス最強説爆誕!我々のカラダを操る腸内細菌たち

人間の脳を株主だとしたら、腸は社長ってところですかね。
脳はヒトの感情を作ったり、体温調節をしたり、ときには我慢したり、ホルモンや神経伝達物質を作っていたり、体を動かしていたりと人間の中枢です。
でも腸って「なにしてくれてんの?」という印象ではないでしょうか。
一応、省庁には内閣府、総務省、法務省、外務省、警察庁…小腸では栄養の吸収を、大腸ではウンpことウ○コを生成?しています。
——さすがにウンコとそのまんま書けないでしょうよ。


で、なんでこの腸が社長レベルに偉いかといえば、
というところが挙げられます。
それで、この腸に住み着いているのが腸内フローラ(細菌そう)、つまり微生物たちです。
善玉菌/悪玉菌/日和見菌といるわけですが、その中でも良い影響を与えてくれるものをプロバイオティクスと呼びます。
ちなみに出典を読みたい人のためにいっておくと、プロバイオティクス(Probiotics)はマイクロバイオータ(Microbiota)の中に含まれます。


じゃあ、こんな良いものを放っとくんですか?もったいなくないですか?というお話です。
腸内環境を整えれば、メンタルも改善するし炎症が抑えられて身体の機能も上がる、さらには頭まで良くなるというおまけ付きですよ。
そのためには、より多くいろんな種類の菌をとって多様性を増やすことが大切になります。
そうはいっても、乳酸菌ひとつとっても種類が多すぎて記事にしたら腱鞘炎になりかねないんで、効果と共にピンポイントでご紹介していきます。



腸は幸福感をもつくりだす



「腸は脳も操っている」といいましたが、ミミズには脳がありません。
その代わり、腸が脳の働きをして生存しているわけですが、そのくらい重要な器官であるということです。
一方で人間は、脳から神経伝達物質やホルモンを出して興奮や幸福感を得ているんですが、この機能が腸にもあります。
幸福感をつくるセロトニンは、腸が90%を担っていてホルモンとしてではなく、直接脳に働きかけているという事実。
なぜホルモンとしてじゃないのかというと、「脳のバリアを守れ!リーキーブレインの恐怖」でも出てきた血液脳関門(BBB)ってゆうフィルターがブロックしちゃうからです。
つまり、別のなんらかの方法を使わないと腸内セロトニンは幸せを作り出せないわけです。


そこで出てくるのが迷走神経、わたしがたまーにやってるエロ放送を見たことのある人は知っているかと思いますが、念のため。
迷走神経とは、頭から首、胸、お腹などの全ての内臓を通る副交感神経で、腸と脳をつないでいます。
この神経をダイレクトに刺激することで、視床下部に命令を出していることが、カリフォルニア工科大学の研究でわかっています。
なぜなら、血管を通ってホルモンとして働きかけるよりも、神経を通じて直アピールした方が効率的だからです。
——告るときと同じですね。笑


実はほかにもアクセス方法があって、腸内細菌が食物繊維を発酵させ、できあがった脂肪酸を脳に届けてセロトニンの分泌を促す経路。
なんですが結局のところ、プロバイオティクスが効果的に働いていることは変わりません。
よって、腸内フローラを整えてあげれば幸福感され自在に操ることができるわけです。


次回からは「腸内環境を整えてくれる食品」などご紹介していきます。




ANOVA調理のバリエーション絶賛増やし中。








▼農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善salon

年間2700万円を損しないためにできることを考える。



▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼お悩みを解決したい方はこちら


コメント