農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

精力と性力にくわえて(いろんな意味で)人生の質まで上がるアレのすヽめ

今回の主役は南米育ちで、ちょっとシャイ。
だけど、メンタルは強くて2年以上も生存する多年生。
フニン(県)の多い幼少時代ではあったが、裕福なボンボン(高原)として成人。
その後は社会の荒波に揉まれ、苦労の絶えない日々を過ごす。
しかしその中でも、懸命に努力を重ね、みるみる(栄養素を)吸収していった。
その名も——M・A・C・A「マカ」


で、マカといえば、精力剤として有名ですよね?
精力剤ってのは主に、性機能を上げるための薬のことです。
一応、1日に1500〜3000mgを4ヶ月続ければ、精液の量や精子の数が増え、精子の運動性は上がるようなので、試してみるのもいいでしょう。
がしかし、「マカの元気」なんかに含まれるマカの量は200mgくらいなのがひっかかるところ。
とりま1日に8本は飲まないと…。笑


それはさておき、どちらかといえば性力よりも精力、つまりメンタルの改善には良さげ
なぜならマカは、脳のカンナビノイド受容体に作用して、幸せな気分を作ってくれるからです。
簡単にいえば、麻薬に近いメカニズムで昇天できるということですかね。
ただこれが、意外といい効果をもたらしてくれそうなんでご紹介します。



MACA様の4つのご利益とは



不安とかウツ症状に効く


脳に作用する物質であるため、ネガティブな症状には効果がありそう。


QOL(人生の質)がアップ


体内の炎症を抑えて、人間らしい幸福な暮らしができるかも。


オプティマルエイジングに効く


どうやら、炎症と酸化ストレスを抑える効果に期待できそう。


骨も健康的になる


マカの83%を占めるレパラゲンが、骨の状態をよくしてくれるらしい。



さいごにまとめる



こう並べてみると、結構いろんなもんに効きそうな感じ。
人生の質が上がることと、炎症が改善するってのを考えると試す価値ありだと思います。
実際に試すんだったら、1日に1500〜3000mgを6週間が目安なんで、よかったら続けるのがいいでしょう。
ただ、プラシーボのような気がしますが、なんだかモンモンしますんでご注意を。
——女子のドリンクに盛って「キミの幸せのためだよ」って言えばいけるか!


なにはともあれ、ガチで性力を上げたい人には「ヨヒンビン」の方がおすすめ。






バレンタインのお返しとして、マカをプレゼントだ!笑








▼農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善salon

年間2700万円を損しないためにできることを考える。



▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼お悩みを解決したい方はこちら

コメント