農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善

カリスマ性を手に入れたいなら「会話力」をトレーニングすべし

YouTubeで昔、「カリスマトレーニング」について触れたわけですが、それの「会話力」バージョンです。
カリスマ性ってのは、立ち居振る舞いも重要ですが、なんと言っても「話し方」に対してカリスマ性は現れてしまうんですね。
ってことで、「カリスマは誰でもなれる」から会話力のカリスマトレーニングをご紹介します。


会話力で人を魅了する6つのカリトレ


しゃべり方を意識する

男性の場合は、声が低いほど生涯賃金が上がり、女子からモテます。
それはさておき、しゃべり方のポイントは、
  • ゆっくり話す:スローペースで話した部分は説得力が高まる
  • 間を入れる:1センテンスに1〜2秒の間をとって説得力アップ
  • イントネーションを下げる:言葉の途中〜語尾にかけて抑揚をつけて説得力を上げる
  • 呼吸を深くする:口ではなく鼻から息を吸うと余裕があるように見える
という、4つを押さえておきましょう。

感謝の気持ちを育てる

カリスマさんは人に感謝を伝えることがうまいので、他人からカリスマ性があるようにみえます。
具体的には、
  • 感謝の三行日記をつける:毎晩、一言でいいから感謝を3つ書くだけ
  • 最悪の体験を思い出す:良くないことからのコントラストで感謝できる
  • 自分に3つの質問をする:知り合いを思い浮かべて、①その人から何を受け取ったか(体験とかもOK)、②その人に何をあげたことがあるか、③自分がその人を悩ませたことがあるか
  • 感謝する習慣をつける:なにかにつけて感謝を伝える習慣を身につける
  • 五感に感謝する:改めて「見える」「聞こえる」「味わえる」ことへ感謝してみる
  • リマインダーへ記録する:感謝を妨げる要因は「忘れてしまう」ことである
  • 「もっと感謝する」と誓う:「良いことには感謝するぞ」という約束をしてみる
  • 自動思考を変える:評価してしまった思考を打ち消して、感謝の言葉に置き換える
  • 感謝しているフリをする:心から感謝できなくとも、感謝すれば自動的に感謝の気持ちは深まっていく
  • 嫌いな人にも感謝する:最終目標としては「憎い人にも感謝する」ということ
といったものが、科学的にも証明されております。

他人と自分への共感力を育てる

共感力は人生の成功にかかせないスキルで、相手の気持ちを理解したり、セルフコンパッション(自分へのやさしさ)にも関わってくるものです。
その方法としては、
  • マインドフルな活動:ヨガ、瞑想、祈りなどで、
  • 自然と触れ合う:バイオフィリアにより思考から変わっていく
  • 壮大な作品に触れる:人の想像を超えた作品で脳と体が安定する
  • セルフサクリファイスナラティブ:自己犠牲をテーマにした物語に触れる
  • 不快なものを触る:ざらざらしたもの(軽石、紙やすりなど)による不快感で、気持ちにフォーカスしやすくなる
といったところが有力です。
ちなみに過去に紹介した「純文学で共感力が上がる」は、ペンシルベニア大学に追試により現状ビミョい感じ。笑

傾聴力を育てる

要は「人の話を良く聞こう」ということですが、大半の人はできていないことでしょう。
たとえば、相手の話をさえぎって自分の意見を言ってないですか?ということ。
てことでこのためには、
  • 意識的に「相手の話をさえぎらない」ようにする
  • 「相手の話を理解した表情を浮かべる」ようにする
  • 評価をせずに話を聞く「マインドフル・リスニング」をする
といったことをしてみるのが良さげです。

なんといってもゴリラのまね

簡単にいえば「パワーポーズ」のことです。
「男性ホルモン説」と「リスク説」は否定されましたが、姿勢による自信増加のメリットまでは否定されていないので、これは有効範囲内。
とりま姿勢を正して、体を大きく見せましょう。
自信のある態度は、説得力を高め、包容力を作り、人に好かれますよ。




一緒にサロンをやっている伊熊くんは、生まれながらにしてこの能力をもっています。
うらやましい…。笑






▼農家×心理学〜自然の野菜で自然に健康改善salon

年間2700万円を損しないためにできることを考える。

サロン専用ホームページはこちら


▼YouTube

ビジネスや日常生活で使える心理学をご紹介。



▼お悩みを解決したい方はこちら


コメント